多摩川新聞の歩み

■1962年(昭和37年)
杉山郁治氏により「激動の社会のなかで知性ある新聞づくりを目指す」をモットーに
「高津新聞」が創刊される。約3000部。
■1975年(昭和50年)

杉山氏高齢のため、やむなく休刊。
■1978年(昭和53年)
山田裕男(現社長)が引き継ぎ復刊、1万部発行。溝口1207番地に事務所を置く。 ■1979年(昭和54年)
読売新聞社に認められ、読売新聞の姉妹紙として川崎読売会のネットワークにのって
各家庭に配布される。37000部。
■1980年(昭和55年)
溝口173番地に事務所を移転。
■1981年(昭和56年) 発刊部数50000部へ。
■1982年(昭和57年)

この年から毎月2回(1,15日)発行となる。川崎市役所第2記者クラブに加盟。
分区により「宮前区」の誕生にともない、毎月3回(5,15,25日)発行となる。
5日号は高津区版、15日は宮前区版、25日は総合版。53000部
■1983年(昭和58)

活字を使わない方式を採用。市内ローカル紙では初めて。
■1984年(昭和59年)

第300号記念特集号を発行。「高津新聞社」から「(株)多摩川新聞社」に改名。
■1988年(昭和63年)
リクルートスキャンダルで数々のスクープ記事を発表。
大手新聞に負けない報道として注目される。
■1989年(平成元年)
第500号記念特集。
■1992年(平成4年)

創刊30周年記念式典を開催。この年を「出版元年」と位置づけ、
「南武線物語」など4冊の本を立て続けに出版。
「行政が巨費を投じて造るホールや公民館は、あくまで器。文化を育てるのは人なのだ。」
と神奈川新聞の論説で取り上げられる。
■1994年(平成6年)
溝口122番地に移転。
■2001年(平成13年)

創刊40周年記念式典を開催。記念冊子「多摩川新聞40年のあゆみ」を刊行。
高度成長期から現在に至る40年の軌跡(川崎の昭和史)を年表でつづる。
■2002年(平成14年)
坂戸1-6番地(現在地)に移転。
■2003年(平成15年)

時代性に配慮しドメインを取得、ホームページによる情報提供を本格化。
■2012年(平成24年)創刊50周年
■2015年(平成27年)

ホームページをリニューアル。ドメイン変更。